sanraku japanese garden style☆長野県松本市の造園設計・施行・管理会社「三楽(さんらく)」プロの植栽・ガーデニングをご提案
トップページ☆長野県松本市の造園設計・施行・管理会社「三楽(さんらく)」プロの植栽・ガーデンをご提案 三楽の概念☆長野県松本市の造園設計・施行・管理会社「三楽(さんらく)」プロの植栽・ガーデンをご提案 造園設計施工管理☆長野県松本市の造園設計・施行・管理会社「三楽(さんらく)」プロの植栽・ガーデンをご提案 庭木手入れ・年間管理☆長野県松本市の造園設計・施行・管理会社「三楽(さんらく)」プロの植栽・ガーデンをご提案 樹木医☆長野県松本市の造園設計・施行・管理会社「三楽(さんらく)」プロの植栽・ガーデンをご提案 松保護士☆長野県松本市の造園設計・施行・管理会社「三楽(さんらく)」プロの植栽・ガーデンをご提案 三楽 会社概要☆長野県松本市の造園設計・施行・管理会社「三楽(さんらく)」プロの植栽・ガーデンをご提案 お問い合わせ☆長野県松本市の造園設計・施行・管理会社「三楽(さんらく)」プロの植栽・ガーデンをご提案
樹木医
樹木医について
トップページへ戻る
樹木医
樹木医について
樹木医の仕事
  樹木医制度
  三楽の仕事
  プロフィール
樹木診断・治療
ご相談・ご依頼から調査・診断・治療の流れ
  現地調査・治療
  治療・施工
リンク
お問い合せ







ご予算・ご希望により、現場と周辺環境・土壌の確認、調査
 (\8000〜+交通費)

  1. 日本樹木医会様式(試案)の13項目(状況により項目減)の調査を行う「詳細調査」

  2. 現況に合わせて4〜5項目程度に限定した調査を行う「簡易調査」
上位調査方法からいずれかを選択していただきます。
なお、調査を行う前に調査費用の見積書を提出します。
※調査・診断の「費用」は、現場までの距離・調査内容などによって異なります。

<調査項目>
  1. 概況調査、位置図、立地状況平面図、立地状況側面図、樹冠投影図、樹形側面スケッチ、樹形写真地上部衰退度判定票、各種被害調査表、被害部位等の細部写真、樹幹断面及び内部腐朽状況図、枝幹の腐朽状況側面スケッチ、土壌調査表(詳細調査/計13項目前後)

  2. 上記の調査項目から4〜5項目を抜粋し、独自の調査表を作成する(簡易調査)
<調査日数>
現場状況・形状・対象木の状態にもよりますが、外業(現場調査)2〜5日/本、内業(調査データの精査・整理)4〜10日程度です。(詳細調査・簡易調査とも同じです)
※調査内容によって検査機関での検査料金がかかる場合がございます。


 ・外観診断




外観診断は、主として樹木の外観を観察することにより診断を行うもので、簡易な道具を使用して行います。診断項目は、樹勢および樹形、骨格となる
大枝およびその付け根、幹およびその分岐部、根元などの各部について樹木の活力、樹皮の枯死、腐朽、空洞、キノコの有無、病虫害の有無などを診断します。
カルテを作り、歴史的な背景やその他の環境とあわせて考察、総合判定をします。

 ・精密診断






精密診断とは、外観診断により樹幹内部に著しい腐朽が存在するか、あるいはその疑いがあるものについて、レジストグラフという機器により、その程度について診断を行うものです。この診断結果は、樹木診断カルテに記入します。
さらに土壌断面を作り、土と根の状態を調べます。根は、太さや量とその分布の状態を調べます。過去に切断された痕が無いか、盛土による障害はないか、根が腐っている箇所は無いか探します。 土を調べて、治療に必要な土壌改良の計画を立てます。
また必要な場合、原因と疑われる病原菌、土壌菌、腐朽菌の検体を専門機関で検査します。

 ・内観診断






内部の腐朽状況がわからず不安な木に対して、樹木の幹や枝の腐朽の状態をわかりやすいカラー画像で表示する診断です。
今後の治療方針や、街路樹の危険度の判定や、記念樹においては、腐朽の度合いから保護の対策強化につなげたり、様々な活用が可能です。
費用が高いため、天然記念物など重要度の高い樹木や公共の場所において危険度の高い診断に使用します。
 
TOP概念造園設計施工管理庭木手入れ・年間管理樹木医松保護士三楽お問合せ
2009 sanraku All rights reserved. Powered by Touch Dream.