sanraku japanese garden style☆長野県松本市の造園設計・施行・管理会社「三楽(さんらく)」プロの植栽・ガーデニングをご提案
トップページ☆長野県松本市の造園設計・施行・管理会社「三楽(さんらく)」プロの植栽・ガーデンをご提案 三楽の概念☆長野県松本市の造園設計・施行・管理会社「三楽(さんらく)」プロの植栽・ガーデンをご提案 造園設計施工管理☆長野県松本市の造園設計・施行・管理会社「三楽(さんらく)」プロの植栽・ガーデンをご提案 庭木手入れ・年間管理☆長野県松本市の造園設計・施行・管理会社「三楽(さんらく)」プロの植栽・ガーデンをご提案 樹木医☆長野県松本市の造園設計・施行・管理会社「三楽(さんらく)」プロの植栽・ガーデンをご提案 松保護士☆長野県松本市の造園設計・施行・管理会社「三楽(さんらく)」プロの植栽・ガーデンをご提案 三楽 会社概要☆長野県松本市の造園設計・施行・管理会社「三楽(さんらく)」プロの植栽・ガーデンをご提案 お問い合わせ☆長野県松本市の造園設計・施行・管理会社「三楽(さんらく)」プロの植栽・ガーデンをご提案
樹木医
樹木医について
トップページへ戻る
松保護士
松保護士について
松枯れの原因
  松保護士の仕事
  松保護士制度
  三楽の仕事
  プロフィール
樹木診断・治療
ご相談・ご依頼から調査・診断・治療の流れ
  現地調査・治療
  予防・防除・治療
お問い合せ



松くい虫による被害とされていた松枯れが線虫によって引き起こされる病気であることが分かったのは1970年代のはじめのことです。 このマツノザイセンチュウ(線虫)はアメリカから来た線虫で、マツノザイセンチュウ自身では木から木へと移動ができず、そのためマツノマダラカマキリ(カミキリムシ)の体内に入り移動します。このマツノマダラカマキリ(カミキリムシ)は5月〜7月の期間に成虫して健全なマツの枝の樹皮を食べ木から木へと移動します。このとき体内に寄生していたマツノザイセンチュウがマツ樹体内に移行します。 樹体内に侵入したマツノザイセンチュウは松のヤニを運ぶ樹脂道を移動しながら爆発的な増殖を果たし、水を運ぶ仮導管に障害をもたらすため根から吸い上げる水が葉に供給するのを妨げ水不足となり枯死する病気です。 松枯れ(マツノザイセンチュウ病)予防のための樹幹注入、枯れた松からマツノマダラカミキリが移動して他の木に感染するのを防ぐ処理が必要です。




松保護士とは、全国に流行して松を枯らしているマツ材線虫病について幅広い知識を持ち、 被害現場に適した防除対策を考え、実際に作業指導を行う専門家です。ただし、松保護士の仕事はマツ材線虫病から松を守ることだけではありません。私たちの生活と松との関わりなどを幅広く伝えていく役割も期待されています。
そのためにマツ材線虫病に関することばかりでなく、松の歴史や文化、松という樹木の生理・生態、松の持つ様々な役割、マツ材線虫病以外の松枯れなどについても幅広く学び 松のエキスパートとなりうる人材です。


(財)日本緑化センター において平成16年度から松くい虫防除対策等についての知識・技術を有する専門技術者を 養成する「松保護士資格養成事業」を実施しており、今年で9回目(16年度2回認定)を迎えます。
平成24年4月1日現在、全国で400名(男性384名、女性16名)の松保護士の皆様が、地域で愛されてきた松原や老松を守るとともに、松についての様々な知識の普及のために日々 活躍されています。 その被害の特性から、国、都道府県、市町村、個別の松林管理者及び地域住民等の関係者が一体となって、総合的かつ持続的に取り組むことが重要です。
特に、こうした取り組みを効果的に進めるためには、松くい虫防除関係の諸制度から現場技術に至るまで、広範で高度な専門知識に精通し、各地における防除活動の的確な指導を行うことのできる人材や、松くい虫被害の深刻さや防除対策の緊急性等について、社会的な理解を深めるための普及啓発活動を積極的に行うことのできる人材を計画的に育成確保していく必要があります。


三楽では、街路樹をはじめ記念物や貴重な松、財産である松林、個人のお客様の大事に守られてきた松を松枯れ病(マツ材線虫病)から守ります。
近年まで松(黒松・赤松)は人の暮らしにとても身近な樹木であり、もっとも大事にされてきた樹木でもあります。日本の原風景とも言える松林の枯損は、関係者の地道な苦労も及ばず今まだ増え続け、ここ松本平でも深刻な状況にあります。
先人が守り残してきた地域の景観、松への愛情を後世に伝えるためにも、今出来うる最大限の予防・防除・診断・樹勢回復治療を行なって参ります。




●名前 三原 伸能 (ミハラ シンノウ)
●住所 長野県松本市村井町北1-9-41
●連絡先 TEL&FAX 0263-87-4046
E-mail: info@sanrakugarden.jp
URL: http://www.sanrakugarden.jp/
●経歴 平成3年 京都 16代佐野 藤右ェ門氏に師事、植藤造園にて修学院離宮庭園管理桂離宮復元工事バンクーバー新渡戸稲造記念庭園都ホテル葵殿庭園などに携わる。

平成8年 帰郷し、株式会社 光仙に入社。 園芸、造園、ガーデン工事、生花、園芸資材の企画・販売・設計施工・経営に携わる。

平成19年 三楽を設立。個人邸、店舗の造園工事、植栽工事 設計施工・管理を中心に活動
平成20年 樹木医資格を取得(登録番号 第1706号)
平成24年 松保護士資格を取得(登録番号 第482号)
 
TOP概念造園設計施工管理庭木手入れ・年間管理樹木医松保護士三楽お問合せ
2009 sanraku All rights reserved. Powered by Touch Dream.